- 2017/09/30(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『マネーモンスター』です。


「ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツ主演で贈るサスペンスドラマ。
人気の財テク情報TV番組「マネーモンスター」が生放送中にジャックされた。
犯人は番組の意図的な株の情報操作によって資産を失ったと主張するが…」

ジョージ・クルーニーの映画が見たくなった
検索してら出てきたのがコレで借りてみました。
面白かったです☆

アメリカって株の番組やって「ここの株は買いだね!」って
生放送で出来るの?ってのと
そんな簡単に生放送をジャック出来るの?って疑問はありますが
面白かったのでいいです。


クライマックスの展開が熱くて良いですが、
ラストがアッサリし過ぎてる気がしましたが、まぁいいか(笑)







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/29(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『ホーンティング』です。


「ロバート・ワイズが『たたり』として映画化した原作を、
『ツイスター』のヤン・デ・ボン監督がリメイクしたホラームービー。
建物を生き物のように見せた、ILMによるSFX映像は見所」

…何かのリメイクらしいです。
リメイク元は知りません。
ホラーよりファンタジー寄り?

奇妙な出来事(ポルターガイスト)を体験した主人公が
キチ○イ扱いされるのか…と思ってたら
すぐ皆も奇妙な事を目の当たりにするので、誤解は解けます(笑)

子供の魂が囚われている原因が深く描写されないので
ファンタジー色が強いのかもしれません。
過去、子供が殺られてるシーンとか、子供の幽霊がギャースって感じで出てきたら
ホラー色強かったでしょうね。

映像(セット?)が凄いねー、とは思いますが
そこまで面白いかっつーとそうは思いませんでした。






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/28(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『MAMA』です。


「MAMA」ってタイトルの映画、確かに見た覚えありますよ。
あのミイラみたいな幽霊女が部屋の奥に立っていて、
幼女がこっち向いてニッコリして、またそのミイラ女の方を向くと
もの凄いスピードで襲いかかってくるシーンは有名(?)。

だからこれは、よくある同タイトルの別映画だと思い借りる。
「オメー、これ既に借りた事あるけどいいの?」って表示されなかったし。


2014年に新作で借りて見ていたYo! orz


上記の、もの凄いスピードで襲いかかってくるシーン見るまで
全ッッッッッッッ然、何も思い出せなかった(苦笑)
途中のシーン見てても「スリザー」の時みたいに
「あれ?このシーン見た事あるような…」って事が1度もなかった☆

もの凄いスピードで襲いかかってくるシーン見て
「あれ!?これあのMAMAじゃん!? Σ( ̄□ ̄;」と思う程。

まぁ逆に新鮮に見られてたんで良いっちゃあ良いんですが…(笑)


ラストに関しての感想は、2014年時と同じです。
あんなに女幽霊の成仏の伏線張っておいて、あんなオチ?
ホラー映画らしいっちゃあ、そうですけど。

当時は何も思わなかったのか、触れていませんでしたが、
あの母代わりになろうとする主人公?(の彼女?)と、
心を開いていく姉妹のが良かったですね。
姉妹の良い母親になれたろうに。

ラストあれで終わってますけど、
主人公達の関係者約数名が、女幽霊に殺られてますよね。
彼女らが超常現象をそのまま証言しても取り合ってもらえるとは思えない。
あの後、どうなったのか?と考えると気になります(苦笑)



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/27(Wed) -
そーいや、昨日書いた
VC『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』ですが。

「FF4」プレイしてる時も感じましたけど、
VCってプレイすると普通のゲームの音より音量小さくないですか?
いや以前、他のVCやってる時は感じなかった様な…。
最近大量に追加されたVCから?

3DSの音量を最大にしても、やや大きいかな?程度です。
なので「まるごと保存」しようとすると
「フォン!」って音は大音量になってビビります。


音で知りましたけどSFC版『うしろに立つ少女』は、
学校のどこかのシーンで不気味な音(声?)が聞えるらしい。
美術室の絵が「こっちを見たような…」という追加(?)シーンは見ました。

音が小さいせいか、その場所orシーンで「しばらく放置する?」を
しなかったせいか聞けなかったですよ。

まぁ知らずに聞いていたら、マジでビビってる私が想像出来るので
聞けなくて良いです(苦笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/26(Tue) -
以前の3DSソフトの割引セールの時に買った毛ゲームがもう1つありまして。


VC『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』です。


「このソフトは、1998年にスーパーファミコンのカセット書き換えシステム
「ニンテンドウパワー」より発売されたアドベンチャーゲームです。
1989年に発売されたファミリーコンピュータ・ディスクシステム用の
『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』が、
基本的なシナリオはそのままに、グラフィックやシステムなどが作り直され、
新しいソフトとして生まれ変わry…」

まぁトリアーエズ、
SFC版のリメイク『ファミコン探偵倶楽部 PARTⅡ うしろに立つ少女』ですね。

プレイしてみたかったんですよね。
子供の頃ディスクシステムで、DSの時GBA版で、そして今回。
同じゲームを3回プレイする(周回プレイではなく)のは初めてかもしれません。

最初と犯人とラストら辺は覚えていますけど、
それ以外は、ほとんど覚えてないですねー(笑)
あの不良も全然覚えてなかった…インパクトあるのに…。

SFC版によって、グラフィックが全部描き直されてます。
え?それだけの為にグラフィック描いたの?と言う
一瞬や1シーンのみの絵や動きがあったりして驚きです☆


ですが、1つ疑問が。
グラフィックが全部描き直されているのはわかるんですが、
ネットでたまに見かけていた、あゆみちゃん達の絵と違う気がします。

『ファミコン探偵 うしろに立つ少女 あゆみ SFC』で画像検索すると
1つ2つ出て来るあゆみちゃんのあのグラフィックは何です?
↓コレ。※個人のファンアート等だとアレなんで小さくしてあります。
20170926.png
こんなシーンやグラフィック無かったような…。
他に主人公や空木先生、駒田先生とかも若干違う。
なにこれ何版?


それはさておき、クリアしました。
色々忘れていましたけど、コマンド総当たりの捜査ゲームなんで
総プレイ時間は数時間でクリア出来ますよね。

ディスクシステム版にはあった、あゆみちゃんを追う迷路(?)のシーンは
あらすじ的なシーンになっている。
「セーラー服を着た娘を見ませんでしたか?」
「セーラー服を着たおぢさんなら見かけたけど…」というシーンが割愛…(笑)

そーいや、クリアしてEDスタッフロールの後
「あゆみちゃんとの相性」みたいのが出てきて「8/20点」くらい?で
劇中出てきたオカマ女子(?)高生になじられましたよ Σ( ̄□ ̄;
なんじゃこりゃ!?
ED見た後、あのオカマになじられるのは後味悪すぎる。


そして、これがVCで出たなら是非次は、今はプレイがほぼ不可能な
第3弾『BS探偵倶楽部 雪に消えた過去』をVCでですね…!







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/25(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『ロスト・ソウルズ デラックス版』です。


「ホラー映画。33歳の誕生日に魂を奪われ悪魔に乗り移られる男の
存在を知ったマヤは、彼とともに
正義と悪の全ての支配をかけた闘いに挑む」

つまんなかったですねー。
なんつーか全編通して暗いだけ。
緩急がないっつーか、盛り上がりに欠けると言うか…。
意味不明なオペラを見せられてるみたいでした。

悪魔憑き&悪魔祓いとか王道ネタだと思うんですけど
こうまでつまらなく作れるモンなのか(苦笑)

ラストまで何のひねりも無いまま終わります。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/24(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『スリザー』です。


「SFホラーコメディ。アメリカ南西部の町に隕石が落下。
その中に潜んでいた謎の宇宙生命体“スリザー”は、
恐るべき寄生本能で人間の口から侵…」


見た事あった…orz


GE○レンタルで、借りようとしても過去借りた事があると
「オメー、これ既に借りた事あるけどいいの?」って表示されるんですけど
されなかったので、普通に借りちゃったYo。

昔、楽○レンタルが在った頃に借りていた様です。
主人公の人「キャッスル」に似てるなー…ん?これ前にも思ったような…
いや、見た事あるぞ?これ。
つーかキャッスルだ、この人。

でも、結構忘れていたので新鮮な気持ちで見る事は出来ました。
楽しかったです。
B級ホラーですし、2006年の映画ですけど
CGとか今の邦画でも全然叶わないレベルですごいですね。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/23(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『死霊館 エンフィールド事件』です。


「実在の心霊学者夫妻が体験した衝撃の事件を元に描くホラー第2弾。
ウォーレン夫妻が様々な不可解現象に苦しむ少女・ジャネットと
4人の子どもを育てるシングルマザーを救うべく、恐怖の元凶と対峙する」

『死霊館』の続編です。
準新作(借りた時は)だったので、比較的新しい。

これまた事実を基にした映画みたいです。
EDで、当時の実際の音声と写真が流れます。
マジでこんな事起きたの?

今作もまたウォーレン夫妻の絆が熱くて
ホラー映画っつーよりホットなアクション映画に見える(笑)
不吉な予知(未来?)を、熱い絆で覆す展開…いいですよね☆
面白かったです♪

でも、あの悪魔(シスター)の絵、恐いですよ。
描くのは仕方ないとしても、
いくら心霊学者だとしても壁に飾っておくなよ…と(笑)

悪魔憑きやポルターガイストが起きまくってTVでも報道されて有名になったのに
十字架くれるご近所さん達…良い人達ですよね。
隣家(お向かい?)の夫婦も、泊めてくれるしで協力的。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/22(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『死霊館』です。


「「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が、
実在の心霊学者夫妻が体験した衝撃の事件を元に描くホラー。
ロードアイランド州の古びた一軒家に越して来たペロン一家は
数々の奇妙な現象に悩まされ、心霊学者のウォーレン夫妻に助けを求めるが…」


『死霊館』ってパッケージ写真見覚えあるし、DVDも見たと思ってたんですが
過去の自分の日記を検索しても『死霊館』を見た記述がない。
あれぇ?見たと思ったんですけどねぇ…。

まぁ1度見た事あるなら、見ていれば思い出したり、見た事があるシーンで
ピンと来るハズ…と、思って見たんですけど、一切記憶は蘇らなかった(苦笑)

『アナベル 死霊館の人形(『死霊館』のスピンオフ)』は見ましたけど。
アナベル人形は良く覚えている(笑)
スピンオフだけ見ていたのか、私は。

まぁ初めて見たならそれで良いんですけど。
事実を基にした映画らしい。どこまで誇張されてるかわかりませんが。


面白かったですよ。
普通、ポルターガイスト現象とか起きて、警察呼んだら
「なんだ何もないじゃないか」→誰も信じてくれない、ってパターンなんですが
この映画では、すごいアクティブな悪魔さん(笑)
警察が家に来ても、サービス満点でポルターガイストしてくれます☆
物語が進むにつれて、ポルターガイスト等も度を越してる域に(笑)

そんな悪魔に負けず、心霊学者のウォーレン夫妻の絆が熱い☆





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/21(Thu) -
以前からプレイしていた3DSのVC「FF4」をクリアしました。

全くプレイしない日もあったので、チマチマやってましたが
何とか無事クリア。
イベント長ぇ(苦笑)

ゼロムスに負けてたらまたセーブポイントから
やり直してまたあの長いイベント見ないといけなかったのか…。
当時、よくやってたなぁ。
でも当時ゼロムスに負けた記憶は無いですが。

それとラストダンジョンのどこかの部屋で延々とLVアップ作業してたのと
何かを落とすのを狙っていた記憶があります。

それを「ピンクのシッポ」だと思い込んでいたんですが、
プリンプリンセスは「アラーム」を使わないと出て来ない仕様だった。
あれぇ?そうでした?
何度もプリンプリンセスを倒してた気がするんですが、出現率は低いものの
アラーム無しでも出てこなかった?気のせい?
「竜のヒゲ」と勘違いしてたんですかねぇ?

あとラストダンジョンの終盤、あんなに敵強かったですか?
ゼムスの所に行くまででボロボロでしたよ。

それと、当時は1つも入手出来なかった隠しレア召喚魔法の1つ「ボム」を
偶然にも入手出来たのは嬉しかったです。
レアの癖に全く役に立たないという(笑)

オーディンは当時苦戦した記憶無いのに、今回はすげー大変でした。
斬鉄剣で殺られまくり(苦笑)

通常ザコ戦闘もリディアのバハムート頼りという
「あれ?こんなにリディア以外頼りなかった?」という記憶違いも色々と☆
パーティの平均LVが当時より低かったからかもしれません。


まぁともかくクリア出来て良かった。
ラスボス戦のBGMは何度聴いても神懸ってますね♪







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/20(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『アナベル 死霊館の人形』です。


「『死霊館』のスピンオフとなるホラー。
出産を控えた妻のミアに、ビンテージ人形をプレゼントしたジョン。
そんなある日、隣家の夫婦を惨殺したカルト信者の男女がミアを襲う。
男は射殺され、女は自殺するが…」

『死霊館』って見たハズなんですけど、よく覚えてない。
なのでスピンオフと言われてもよくわからんですが、
作品自体はまぁまぁかな?かな?

「チャイルド・プレイ」の様に、人形自体が襲いかかって来るんじゃなく
人形が呪い発生装置的な感じです。
「チャイルド・プレイ」は未見ですけど(苦笑)


古本屋さんのおばちゃんがナイスプレイです。
主人公夫婦は、このおばちゃんの事を忘れないであげて欲しいね。

ラストを見るに、この人形って2体以上あるって事?





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/19(Tue) -
誕生日を迎えてしまいました。


数年前から毎年言ってますが、もうホント嬉しくないですね(苦笑)
ただただ年々、歳と体の不具合が増えて行くだけ☆

あとネットで年齢を入力する時に
「あ、また1つ多く記入するのか…」と思う。カッフン。


ドラゴンボールが7つ揃って願い事を1つ神龍に言うとしたら
「1兆円くれ!」
ですよね。

え?年齢?若さより1兆円の方が欲しい☆







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/18(Mon) -
なんだよ、今日世間様は休日ですか ( ゚д゚)、ペッ

それはさておき、先日の「はだしのゲン」を何十年ぶりかに読破した話です。
世間では結構「トラウマ漫画」みたいな事で挙がる事が多い様ですけど。
まぁ肉が2倍に腫れ上がる、とか、ウジが湧いて痒い、とか、ウミがピュッと飛び出すとか
記憶に鮮明に残ってる辺り、トラウマとも言えなくもないですが。

前に書いたかもしれませんが、
個人的に幼少時のトラウマ漫画は『続 ボクちゃんの戦場』という漫画です。

タイトルも正確かどうかはわかりません。
確か、真オレンジにモノクロな表紙だった気が…する。
「はだしのゲン」は隣の教室に
この『続 ボクちゃんの戦場』は図書室に置いてあった(気がする)。

で、そのタイトル通り「続」なのですが、
「続」じゃない方は、卒業するまで1度も見た事なかった。
これも隣のクラスの「はだしのゲン」1巻&最終巻同様、
常時借りられっぱなのか、紛失したのか…。

で、「ゲン」と違い、こっちは主人公が田舎に疎開するお話(だった気がする)。
なにせ「続」なので既に田舎にいる。

ゲンの兄も疎開先の話がありましたけど、
これも疎開先での、いじめとかカースト制度みたいのがメインのお話だった気がします。

なんか主人公が、母親から送られてきた荷物の中に「ゆで卵」があって
貴重品としてずっと取っておいた描写があった気がする。
ゆで卵だってそんな日持ちするモンでもないだろうに。

あと、チ○コにメンタム。(当時も今も意味不明)
塗られた奴は何度もトイレに行っていた。(当時も今も意味不明)

そして最大のトラウマが、同級生(?)かガキ大将(?)か誰かに…ともかく いじめっ子集団に
主人公の友人(?)が、皿にした小便を飲まされるというシーン。
で、嘔吐するシーン。

女子のだったら最大のご褒美だったろうに(笑)

当時このシーンが頭に焼き付いて数日間、脳裏から離れず頭抱えた。
あと、憲兵に子供がボコボコにされる所も。

で、Kindleで全巻「はだしのゲン」を買った時に、この『続 ボクちゃんの戦場』と
前の『ボクちゃんの戦場』も、デジタルでネット通販も楽にできる今の時代なら
読む事も可能なのではないか!?と思い検索☆


デジタル化も文庫版化もしておらず、原本は絶版 Σ( ̄□ ̄;


今、読んで記憶を補完したかったけど無理なんですかね…。

確かラストは、疎開する前(地元?)の友人(?)と脱走(?)して、
広島(?)に勝手に帰る事を実行。
「お母ちゃん帰るで!」「帰るでェェ!!」って機関車の絵の見開きだった。
で、瓦礫だらけの焼け野原で、干し草の山から針の如く、母親を捜すも見付からず
途方に暮れてバッドエンドだった様な…。

デジタル(Kindle)化希望☆





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/17(Sun) -
そう言えば、文庫版の『武装錬金』を集めてます。
正確には集めてました。
先日、最終巻の5巻が届いたので。

まだ通常版の方、全巻持ってますけど
文庫版には、全60ページの描き下ろしが載ってるって言うんですもん。
そりゃ買いますよ(笑)
 ※各巻12ページずつで計60ページ。
見事に乗せられてしまいました☆

文庫版って、元々のコミック買ってる方にしちゃ、なんじゃそりゃってなりますけど
描き下ろしが載ってるって凄く良いと思う。
いやよくない(笑)


でも12ページずつ描き下ろしって、
すごく豪華っつーかサービス良いと思うんですよ。
あ、「文庫版には、監督とか原作者のインタビュー!」とか
そういうのはいいから(笑)

他の文庫版も見習って欲しいですね。
…いや、それが定着すると、文庫本化待ちばかりになりますか…(苦笑)




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/16(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『ゾンビーバー』です。


「「ハングオーバー」シリーズの製作陣が贈るパニックコメディ。
ビーバーが住む湖の近くにキャンプをしに来た3人の女たち。
女子会を楽しんでいると、3人の彼氏や元彼が乱入してお酒やSEXで大混乱に。
そんな中、凶暴なビーバーが現れて…。R-15」

だめだこりゃ。
B級映画でもダメな方のB級。

77分という比較的短い映画なのに、事が動き始めるのが30分過ぎてからという。
最初の約30分はグダグダダラダラしてるだけ。
吹き替えの声優さんも上手くないのが、ダメさ加減を加速させている。

出て来るゾンビのビーバー「ゾンビーバー」が、明らかに
ぬいぐるみという出来(苦笑)
実写「セラムン」のルナか!?


そーいや、色んな映画で見ますが
あまり意味の無い車中でダベってるシーンとかは俳優さんのアドリブが多いんですか?

この映画、EDはNGシーンが流れるんですが「台詞を間違った」とかじゃなく
全く違う内容をダベってるシーンだったりする。
「下品な内容で適当に」とかだけの注文なんだろか?







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/15(Fri) -
作っていたガンプラのビームライフルの銃身って言うんですか?
バレルって言うんですか?まぁ、先っちょの所。

これがふと見ると、溶けて曲がっていた Σ( ̄□ ̄;

触ってみると、柔らかくなってグニグニ動く感じ。
曲がってたのも、すぐ真っ直ぐに直せましたが、
溶けた感じは否めない。

タミヤセメントが飛んだとか垂れたのか?と思いましたが、
タミヤセメントなら水滴状なモノの痕が残っているハズなんですが何も無し。
単に溶けてるって感じ。

ビームライフルの先っちょだけ。
他は異常なし。

なんですかこれ?
塗装はしてないです。スミ入れだけ。


これはもしや、私がスタンド使いとして目覚め始めている前兆!? Σ(@0@;)




エナメル塗料(溶剤)X-20をスポイトで取って、スポイトをしまう時に
残り汁が垂れピンポイントにビームライフルの銃身に当たった説有効(苦笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/14(Thu) -
結構前からなんですが、プラモを作って部分塗装する時
たまにタミヤのエナメル塗料を使う様になりました。

某ガンプラテクニック的本を読んで、
ウェザリングに「ハルレッド」を試しに買ったのがキッカケです。


「小さい」&「安い」故に使い切る前に固まる事なく使い切れる。
小さいので、卓上に置いてても邪魔にならない。

水性ホビーカラーも勿論使いますが、クロゼット内のケースにしまってある為
塗る時、クロゼットまで行って開けて取らないといけない。
でもエナメル塗料は机上に置いてあるので、すぐ使える。

「エナメル」という響きがいい。
隠蔽力が高い。
匂いがなんか癖になる(笑)
(体に悪い?)

持ってる種類は水性ホビーカラーに遠く及びませんが、
ガンプラの塗り分けされてない所を塗ったり、
ウェザリングする程度の色なので充分です。


その本か何かに書いてありましたが、
水性ホビーカラーの上にエナメルを塗ると侵食する?プラが割れる?
あれ逆?アクリルでしたっけ?ABSパーツにはダメ?
よく覚えてないし、ナイト2000がやられた時みたいにいきなりぶっ壊れるワケじゃなし
そんなの完全無視で塗ってます(笑)




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/13(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『裸の銃を持つ男』『裸の銃を持つ男 2 1/2』『裸の銃を持つ男 33 1/3』です。


「コメディ映画の定番」と言われ、
え?私見た事ないぞ…タイトルだけは聞いた事あるけど…。
と、思い借りました。

面白い。
個人的に、他の映画でもありますが
車を停車する時に無意識に何かにぶつかってハチャメチャになるシーンが大好き(笑)
あとピタゴラスイッチ的に、人が落ちてったり、窓から飛んでいったりするシーンとか☆

『33 1/3』のマザーテレサのミュージカル映画のシーン爆笑したけど
これ大丈夫なの?って思いました(笑)


登場人物が3作共一貫してるのも良いですね。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/12(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『オーバー・ザ・トップ [HDニューマスター版]』です。


「シルヴェスター・スタローン扮する力強い父親がアームレスリングを通して
親子の再生を試みるアクションドラマ。妻子を捨て、
トラックの運転手になったリンカーン。妻の病気の知らせを聞き付け、
彼は10年ぶりに妻と息子と再会を果たすが…」

スタローン若ッッ Σ( ̄□ ̄;
1987年制作だから仕方ないですが、若ッ☆

スタンダードな展開ですが熱くて面白いです。
息子が生意気なだけの糞ガキじゃなく、
ちゃんと教育うけてる感じの子だったのも個人的には良かった。


1つ思ったのは、腕相撲ってそんなテクニックとか必要なん?
人生でも子供の頃に数えるくらいしか腕相撲した事がない私にとっては謎の世界。
一瞬だけ力を抜いてカクンってなったスキに一気に倒すくらいしか。



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/11(Mon) -
件の『夏目友人帳 伍』の事で、どうにか『夏目友人帳 陸』も見たいと思い
GE○レンタルで借りようとするも、まだ新作な上、
新作はレンタル開始日に借りられないと当分借りられないので断念。

なので『楽天ショウタイム(今は「楽天TV」に改名したらしい)』で見る事に。
1話は無料で配信してるものの、2話以降は1話216円…全話見ると2160円か…高いな。

GE○レンタルならDVDで全4巻で400円としても1600円で済む…、
しかし最終4巻はまだレンタル開始してないと来た。

…と、思ったら「楽天TV」だと
「全話一気購入」とチケット使ったら1000円くらいで見られる事が判明。


まぁその前に、PCで映画とか映像の類を見るのは、個人的に好きじゃないのです。
どうしても位置的にPCデスクの前に座らないといけない。他に何も出来ない。
逆にTVでDVD等を見ると、自分の机でプラモ作りながら見られるので
とても良いのです☆
なのでPCで映像を見るのは苦肉の策、最終手段。


そんなこんなで『夏目友人帳 陸』を一気見する。
思えばジャンプの長期連載のアニメ以外で
1クールずつとは言え、シーズン6までやるアニメって凄いのではないか?

で、『陸』の感想。
『伍』に比べ塔子さんの出番が少なかったのが残念(笑)

あと笹田さん、台詞がちょいちょいあるのに、伍でも陸でも
メイン回ほとんど無く蚊帳の外なのが可哀想。
もう1回くらいメイン回あっても良いのに…。

そしてシーズン6ラストに来て、レイコさんじゃなく祖父の事に触れる Σ( ̄□ ̄
シーズン7あるのか?
あって欲しいぞ☆






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/10(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『オーシャン・オブ・ファイヤー』です。


「スティール・ボール・ラン」の元ネタ?との噂の映画。

「伝説のカウボーイ、フランク・ホプキンスの実話を基に映画化された、
灼熱の砂漠で繰り広げられる壮絶なレースバトルを描いたアクションアドベンチャー。
千年の歴史を誇るレースに、カウボーイのフランクと野生馬・ヒダルゴが決死の闘いに挑む」

136分とちょっと長めの映画ですが、面白かったです。
「SBR」読んだ事あるなら更に楽しめる事間違いなし?

「SBR」はアメリカ大陸横断のレースでしたが、
この映画はアラビア砂漠を横断するレース。
インディアンの馬達を買い戻す(?)為もあり、優勝賞金10万ドル目指してレースに参加する。
唯一の外人参加者のフランク&ヒダルゴは孤軍奮闘しながら、
妨害工作等に負けずにレースを続ける。

終盤の展開が熱い!!!

「カウボーイ(西部の?)のコーヒーは蹄鉄が立つ程濃い」的なシーンは、
あのジャイロが淹れるコールタールみたいなコーヒーの元ネタなんだろか?





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/09(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『ゾンビランド』です。


「ゾンビとの闘いを軸に、娯楽映画の要素をふんだんに盛り込んだホラーコメディ。
ウイルスで人類の大半がゾンビになった世界。
自らに32のルールを課して生き延びていた引きこもり青年・コロンバスは、
ゾンビハンター・タラハシーと出会い…。R15+」

「コメディ」とありますが、お笑い要素はそこまで強くないです。
が、面白かったです。

ネットのどこかで見た、女のゾンビが裸でおっぱい揺らしながら走って
男を追いかけてるシーンを見た覚えがあるんですが、
この映画の冒頭シーンだった(笑)

よくある(?)世界の人がほとんどゾンビ化してしまった世界。
気弱な青年コロンバスが主人公。
相棒になるタラハシーの吹き替えが山路和弘さんなので見ていて楽しいです♪
キャストの一番目にタラハシーが来てるからタラハシーが主人公?
でも物語はコロンバス目線で語られています。


「ゴーストバスターズ」のビル・マーレイが
本人役で出て来てサービス精神満点(笑)



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/08(Fri) -
以前ここで書いた「Kindle 92%還元セール」の時、確か…
いやセール対象じゃなかったけどポイントがあったので
勢いで全巻揃えたのが『漂流教室』です。

これも人生で1度は読んでおきたい漫画リストの1つだったんで。

Kindle内に放置してたんですが、この度 読破。
面白かったですけど、こういう内容とラストだったとは……。

しかし、主人公達が小学生って無理なくないですか?(苦笑)
IQが高い子が1人いるのは良いとして、
大人以上に冷静かつ行動力、判断力、分析力、統率力がある主人公達(笑)
お前らホントに小学生か?
コロコ○コミックでもここまでの小学生なかなかいませんよ。

ペストだと判断し、それに対し効く薬品の名前を言える小学生。

麻酔無しで盲腸手術を決行、完遂させる小学生達☆
麻酔無し手術に耐える主人公☆

低学年達の行動は子供って感じで良かったんですが、
高学年達すげぇぞお前ら☆

あと、主人公の母親の理解力と行動力すごすぎです(笑)
ママンの愛がなければ即全滅してましたね。


そーいや昔、痴豚のラジオで「漂流教室」ネタが読まれた時に
「王選手のミイラに…」的な事があってそのシーンを期待してたんですが、
王選手じゃなかった Σ( ̄□ ̄;
修正された?もしくは、またも私の記憶違い?


ツッコミ所は多々ありますけど、勢いがすごくて面白かったです。








この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/07(Thu) -
仕事が休みだったので

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』

を見て来ました。
昨夜、ガンプラのネットアンケートに答えていたら
「THE ORIGIN 激突 ルウム会戦を見ましたか?」という質問があって
「え?もうやってるの!? Σ( ̄□ ̄;」と気付かされ、運命の巡り合わせか
明日休みだ行くしかない!と急遽決行!

いつもは約2週間の公開なのに今回は4週間もあるんですね。

それはさておき、前回去年11月頃に見に行った時は
「え?次回は来年(2017年)の秋かよ!?遠ッ!」って思ったもんですが
時が流れるのは速いのぅ…。


して今回の『激突 ルウム会戦』は、フラウ・ボゥが映像的には出てましたけど
声は無かったのが不満!福圓さんの声聞きたかったのに!

無理矢理アムロ達の出番作ってる気がする(笑)

そしてセイラさんがどんどん荒んでいく…(苦笑)
あの可愛かったアルテイシアが、人殺しの目になっていく…☆

次回「2018年公開!」何月とは言ってないので1〜12月どれでもあり得る。



そうそう、上映開始時間を何故か勘違いして、路線情報を調べてしまい
30分も早く劇場に着いてしまいました。
開場時間ギリギリに着くつもりが30分も待つのキツイ。






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/06(Wed) -
録り溜めていたアニメを消化する月間。

HDDレコーダをまたもや漁りこれまた1年近くHDDレコーダ内に残していた
『夏目友人帳 伍』を一気見する。


最終話の最後で「夏目友人帳 陸」がやる事を知る Σ( ̄□ ̄;


そしてその「夏目友人帳 陸」は既に放送済みという事も知る Σ(@0@;)


翌年の4月に次シリーズやるとは思わないじゃんよ!?
アニメとかほとんど見なくなったと同時に、新番組チェックもしなくなったので
「陸」がやるのも知らなかった。カッフン。


まぁトリアーエズ、今更ながら「伍」を見た感想。
変わらず面白かったですね。
特に「しいたけ頭」と「藤原夫妻」の話が特に良かった。
涙腺がヤヴァかったです。



『肆』から久々に見ましたけど、夏目パンチ相変わらず強いですね(笑)
逃げ回らず本気出したら妖倒せるんじゃないの?

あとレイコさん、一体何匹の妖の名前奪ってんのよ?

それと、いい加減中級妖怪の2人に名前付けてあげればいいのに。
夏目達が「中級!」って呼ぶのどうなのよw って思う事しばし。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/05(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『イップ・マン 継承』です。


劇場でやってる時に見に行きたかったんですが、字幕版しかやってなくて…。
芳忠さん声のドニー・イェンが見たかったのでDVD版レンタルを待つ事に。
新作ですが速攻借りた。

あれ?以前『イップ・マン 序章』『イップ・マン 葉問』も見たんですが、
感想書いたのUPしてなかったですね(苦笑)
まぁその内。

出演にマイク・タイソンって書いてあったので
「え?『イップ・マン 葉問』でも対ボクシングだったじゃん今回も対ボクシング?」
って思ったんですがマイク・タイソンは中ボスと言うか、
ラスボス以上の強キャラでカッコ良かったです。

VS不動産屋で展開するかと思いきや、まさか最後の決闘はこう来るか?って感じ。
面白かったです♪


しかし相変わらずイップ師匠マイペースっすね(笑)
真に強い者は息巻いたりしないって感じがかっこいい。

そして詠春拳のキレッキレっぷりがたまらない。
自分であの詠春拳の構えをしてもかっこよく見えないのです。
ドニー・イェンが構えると超カッコイイ。この謎(笑)

エレベーターの所の戦闘もめっちゃカッコイイ!!
奥さんを守りつつエレベーター内での戦い→エレベーターの外へ→エレベーターの扉を締める
からの戦闘終了までの流れが凄いシビれる!!
奥さん関連のシーンもすごくイイ☆





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/04(Mon) -
以前ここで書いた「Kindle 92%還元セール」の時、確か
「はだしのゲン」の1巻があったのでそのまま全巻揃えてしまったのです(笑)
ただし「文庫版」。

何故か今まで放置してたんですが、ここ数日寝る前の読書で読破。

小学校の時、図書室…ではなく隣のクラスにあった「はだしのゲン」。
隣のクラスの担任は ややオープンな人(?)だったので、隣のクラスには
私のクラスの本棚には無い「はだしのゲン」が置いてあった(担任の所有物だった覚え)。
それを私含め違うクラスの人も結構読んでいた…気がする。

でも1巻と最終巻だけ無かった?なくなった?のか
いつも誰かに貸出中だったのか存在を見た事がなかった。

なので、私の中での「はだしのゲン」は2巻から終盤までしか知らない漫画であったし、
子供の頃読んだので、正確に物語を覚えてない事もあり、
人生で1度は読んでおきたい漫画としてあったので買ったワケです。


で、読む。
言葉狩りで「きちがい」って台詞が改変されてるかと思いきや
普通に「きちがい」とKindleでも表記されていて驚いた。

兵隊さん(?)が、放射能に侵され血便垂れ流してるのに気付かないシーンで
ゲンが「ウップくさいのう」って言う台詞が自分の中に強く残っていて
友人が屁をこく度に「ウップくさいのう」って言って笑っていたんですが
読んでみたら
「ウップくさいのう」なんて台詞じゃなかった Σ( ̄□ ̄;

私の記憶違い?言葉狩り?
「きちがい」すら直さなかったのに
「ウップくさいのう」を直す理由もわからないから私の記憶違い?
なんて骨体。
文庫版で直されてる…とかないか?


子供には衝撃的な漫画だったせいか、
結構見覚えのあるコマが多くて嬉しかったです(笑)

シーンの順番の記憶がゴチャゴチャでしたけど。


最終巻を読んだことなかったんで、終わりが気になっていた漫画でしたが
結構、尻切れトンボ?とまでは行かないまでも
「俺達の戦いはこれからだ」的な終わり方でちょっとポカーン。

wiki見ると「東京編」の予定もあったみたいですね。








この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/03(Sun) -
世間の話題に追いついた私です(笑)
「仮面ライダービルド」を放送開始日に見ました。
Dlifeのドラマを除いて、新番組を当日に見るなんていつ以来でしょう?

1話を見て思った事をそのまま子供みたいに挙げてみます。


デザインは良いですね。
「W」っぽいっつーか、久々に仮面ライダーっぽい。

変身アイテムが…ジュウオウジャーのクジラの槍(?)の時もそうでしたけど、
シコシコする動きがイヤラシイと思うのは私だけですか?(笑)

ベルトのハンドル(?)を回すのは良いギミックだと思った。
でもライダーキックのエフェクトはダサいと思った。
まぁ昨今のライダーはすぐライダーキック使わなくなるからいいですけど。

逃亡犯を庇って一緒に逃げる展開になったのは熱いと思った。
あの逃亡犯は2人目のライダーになるのかな?
今度は仲間意識のある2号ライダーが欲しいなぁ。

個人的に1話目は良かったと思います。既にライダーになってる所以外は。
第1話は、突然何かに巻き込まれる→成り行きで「ライダーになる」or「ガンダムに乗る」
って王道(?)パターンが好きなので(笑)

そんな所です。






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/02(Sat) -
録り溜めていたアニメを消化する月間。

HDDレコーダをまたもや漁りこれまた1年以上HDDレコーダ内に残していた
『セラムンCrystal シーズン3』を一気見する。

基アニメでウラヌスとネプチューンが出てきた辺りからの
水火木金の不遇っぷりの思い出に正直喜べない自分がいる(苦笑)

ちびうさが主人公してたね。
今時の主人公って感じだ。
流石、福圓さん(?)。

うさぎは銀水晶で何でも何とかしちゃうからなぁ(笑)


シプリン&プチロルのCVが
庄司宇芽香さん(ときメモ4の郡山先輩)だって全然気付かなかったYo。


まぁそんな感じです。







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/01(Fri) -
一昨日の日記を思い返して、そう言えば「エグゼイド」を
ここ2週間くらいの間で1年分一気に見たと言うのか。
我ながら凄いやら呆れるやらである(苦笑)

ニチアサは1話で90分(戦隊〜プリキュア)の容量があるので
約1年分の量、削除した。
結構な容量を確保出来たので、もういいか…と思うと、
また見ない癖が付きそうなので撮って積んであるアニメを
もっと消化しようと、HDDレコーダ内を漁る。

で「マクロスΔ」を見ました。

マクロスΔも見てなかったのかよ!?と言われると
「そうです、はい」としか言えません(苦笑)

放送時期が2016年4月〜2016年9月なので、1年前に終わってるじゃない。
電器カメラのプラモコーナーで「マクロスΔ」の「Figure-riseBust」の
出来が悪くて、お口アングリした事があるのでキャラはなんとなくわかります(笑)


全話一気に見ました。


普通に面白かったと思う。
とっくに見た友人が以前「続く感じで終わってる」と言ってた気がしますが
そんな続く感じ?と思いました。
一応、あの平均年齢30歳の種族(名前忘れた)達との
わだかまりを解消する事が残ってるとか?


あと、ミラージュさんがメインヒロインで良いですよね?(笑)
カナメさんも良いね☆



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン |