- 2017/04/23(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』です。


サメ映画です。が、実際にあった事件を基にした映画らしいです。
…が、それにしちゃ遺族に敬意も糞もない邦題つけやがって、って感じです。
ダジャレかよ。


「珊瑚礁でサメに襲われる男女の壮絶なサバイバルを描いたサスペンス。
グレートバリアリーフでダイビングを楽しむ5人の男女を乗せたヨットが突然転覆。
生き延びるために近くの島まで泳ごうとする彼らだが、
その周囲は巨大人喰いザメの巣窟だった」

まぁそんな感じのサメ映画ですな。
この感想文見て、この映画を見ようと思う方はいないと思いますのでネタバレしますが
「ギャーギャー」と、冷静さを失いヒステリックに騒ぐだけの糞女がいます。
見てると「早くこいつサメに喰われろよ!」と
思うカタルシs…こいつだけ生き残ります!
擦り傷程度で!

懸命に落ち着かせようとした男性や、守ろうとしてくれた男性が喰われて死にます。

世の中そんなモンですね…と、ため息が出る映画です。
人数も少ない為、サメが襲ってくるシーンがなかなか無いです。




スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン |