- 2017/04/14(Fri) -
映画のDVD借りて見ました。


『アウェイク』です。


これは面白かったです☆ 意外な所にダークホース♪
米国では年間何千万回と、全身麻酔をして手術が行われてるらしいですが、
その内 約3万件は「術中覚醒」状態に陥るらしいですよ。
本当かどうかわかりませんが。

「術中覚醒」ってのは、全身に麻酔が効いて、全身が全く動けないのに睡眠に入れず
意識や痛覚だけは覚醒状態になる事らしいですよ。
つまり腹をメスで切り裂かれても「痛ててて!痛いって!もー!」とか叫ぶ事はおろか、
歯を食いしばって耐える事も出来ないワケですよ。
マジで恐ろしいですね。

ジョジョ第5部のジョルノVSブチャラティ戦の、
ゴールド・エクスペリエンスの攻撃を受けたブチャラティみたいな感覚でしょうかね。


で、重い心臓病を抱える青年実業家のクレイトンは、
恋人で秘書のサムにプロポーズした後 移植手術に臨む。
しかし、不運にも「術中覚醒」の状態に陥ってしまう。
表現し難い程の激痛を受けながらも、担当医達は気付くワケもない。

だが!その「術中覚醒」が功を奏したのか、意識がある(耳は聞こえる)為
医者達の会話も聞く事が出来る。
クレイトンが聞いてるとも知らず平然と会話している。

会話の内容はなんと、クレイトンの移植手術失敗(=殺害)計画だった!

さぁどうするクレイトン!?
幽体離脱状態になってるクレイトンだが、誰もクレイトンに気付くハズもなく…。
「術中覚醒」だけで84分も映画やるのか?って思いましたが、
これがなんともスリリングで、意外な展開アリで、面白かったです。

見て損無し!


あと、珍しく(?)NGシーン集が収録されてます。
真面目な映画だけにNGシーンがシュールです(笑)





スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン |