- 2017/03/15(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『ライアーズ・ゲーム』です。


「完璧な“嘘”で仕掛けられた完全犯罪を暴くサスペンス。
大晦日に開かれたパーティーでひとりの女の子が殺される。
目撃者であり容疑者でもある7人の参加者から証言が集められるが、
彼らの言い分は食い違っていた。誰かが嘘を吐いているはずなのだが…」

つまんなかったですねー(苦笑)
真犯人と言うか、真相が映し出されても、もうどうでもいい感じしかなかったです。

アメリカの映画やドラマで、たまに出て来る遊び。
数日前書いた『ディヴァイド』にも出てきました「挑戦か真実」ってゲーム(?)。
アメリカだと常識なの?
日本で言うと「王様ゲーム」?ちと趣向は違いますが、浸透度はそんな感じ?

「挑戦か真実」をやってるシーン見てて毎度思うのは「つまんなそー」。
どっち選んでも損しかないのに酒の勢いでやって、
やってる当人達は盛り上がるモンなんですか?


7人の証言するシーンと、ビデオカメラで撮影してる映像で物語は進む。
果たして真相と真犯人は?
こういう時「CSIなら、簡単に真犯人わかるだろ」
いや「発射残渣くらい普通の警察でも調べられるんじゃないの?」って思っちゃう(笑)






スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン |