- 2017/09/19(Tue) -
誕生日を迎えてしまいました。


数年前から毎年言ってますが、もうホント嬉しくないですね(苦笑)
ただただ年々、歳と体の不具合が増えて行くだけ☆

あとネットで年齢を入力する時に
「あ、また1つ多く記入するのか…」と思う。カッフン。


ドラゴンボールが7つ揃って願い事を1つ神龍に言うとしたら
「1兆円くれ!」
ですよね。

え?年齢?若さより1兆円の方が欲しい☆







スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/18(Mon) -
なんだよ、今日世間様は休日ですか ( ゚д゚)、ペッ

それはさておき、先日の「はだしのゲン」を何十年ぶりかに読破した話です。
世間では結構「トラウマ漫画」みたいな事で挙がる事が多い様ですけど。
まぁ肉が2倍に腫れ上がる、とか、ウジが湧いて痒い、とか、ウミがピュッと飛び出すとか
記憶に鮮明に残ってる辺り、トラウマとも言えなくもないですが。

前に書いたかもしれませんが、
個人的に幼少時のトラウマ漫画は『続 ボクちゃんの戦場』という漫画です。

タイトルも正確かどうかはわかりません。
確か、真オレンジにモノクロな表紙だった気が…する。
「はだしのゲン」は隣の教室に
この『続 ボクちゃんの戦場』は図書室に置いてあった(気がする)。

で、そのタイトル通り「続」なのですが、
「続」じゃない方は、卒業するまで1度も見た事なかった。
これも隣のクラスの「はだしのゲン」1巻&最終巻同様、
常時借りられっぱなのか、紛失したのか…。

で、「ゲン」と違い、こっちは主人公が田舎に疎開するお話(だった気がする)。
なにせ「続」なので既に田舎にいる。

ゲンの兄も疎開先の話がありましたけど、
これも疎開先での、いじめとかカースト制度みたいのがメインのお話だった気がします。

なんか主人公が、母親から送られてきた荷物の中に「ゆで卵」があって
貴重品としてずっと取っておいた描写があった気がする。
ゆで卵だってそんな日持ちするモンでもないだろうに。

あと、チ○コにメンタム。(当時も今も意味不明)
塗られた奴は何度もトイレに行っていた。(当時も今も意味不明)

そして最大のトラウマが、同級生(?)かガキ大将(?)か誰かに…ともかく いじめっ子集団に
主人公の友人(?)が、皿にした小便を飲まされるというシーン。
で、嘔吐するシーン。

女子のだったら最大のご褒美だったろうに(笑)

当時このシーンが頭に焼き付いて数日間、脳裏から離れず頭抱えた。
あと、憲兵に子供がボコボコにされる所も。

で、Kindleで全巻「はだしのゲン」を買った時に、この『続 ボクちゃんの戦場』と
前の『ボクちゃんの戦場』も、デジタルでネット通販も楽にできる今の時代なら
読む事も可能なのではないか!?と思い検索☆


デジタル化も文庫版化もしておらず、原本は絶版 Σ( ̄□ ̄;


今、読んで記憶を補完したかったけど無理なんですかね…。

確かラストは、疎開する前(地元?)の友人(?)と脱走(?)して、
広島(?)に勝手に帰る事を実行。
「お母ちゃん帰るで!」「帰るでェェ!!」って機関車の絵の見開きだった。
で、瓦礫だらけの焼け野原で、干し草の山から針の如く、母親を捜すも見付からず
途方に暮れてバッドエンドだった様な…。

デジタル(Kindle)化希望☆





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/17(Sun) -
そう言えば、文庫版の『武装錬金』を集めてます。
正確には集めてました。
先日、最終巻の5巻が届いたので。

まだ通常版の方、全巻持ってますけど
文庫版には、全60ページの描き下ろしが載ってるって言うんですもん。
そりゃ買いますよ(笑)
 ※各巻12ページずつで計60ページ。
見事に乗せられてしまいました☆

文庫版って、元々のコミック買ってる方にしちゃ、なんじゃそりゃってなりますけど
描き下ろしが載ってるって凄く良いと思う。
いやよくない(笑)


でも12ページずつ描き下ろしって、
すごく豪華っつーかサービス良いと思うんですよ。
あ、「文庫版には、監督とか原作者のインタビュー!」とか
そういうのはいいから(笑)

他の文庫版も見習って欲しいですね。
…いや、それが定着すると、文庫本化待ちばかりになりますか…(苦笑)




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/16(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『ゾンビーバー』です。


「「ハングオーバー」シリーズの製作陣が贈るパニックコメディ。
ビーバーが住む湖の近くにキャンプをしに来た3人の女たち。
女子会を楽しんでいると、3人の彼氏や元彼が乱入してお酒やSEXで大混乱に。
そんな中、凶暴なビーバーが現れて…。R-15」

だめだこりゃ。
B級映画でもダメな方のB級。

77分という比較的短い映画なのに、事が動き始めるのが30分過ぎてからという。
最初の約30分はグダグダダラダラしてるだけ。
吹き替えの声優さんも上手くないのが、ダメさ加減を加速させている。

出て来るゾンビのビーバー「ゾンビーバー」が、明らかに
ぬいぐるみという出来(苦笑)
実写「セラムン」のルナか!?


そーいや、色んな映画で見ますが
あまり意味の無い車中でダベってるシーンとかは俳優さんのアドリブが多いんですか?

この映画、EDはNGシーンが流れるんですが「台詞を間違った」とかじゃなく
全く違う内容をダベってるシーンだったりする。
「下品な内容で適当に」とかだけの注文なんだろか?







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/15(Fri) -
作っていたガンプラのビームライフルの銃身って言うんですか?
バレルって言うんですか?まぁ、先っちょの所。

これがふと見ると、溶けて曲がっていた Σ( ̄□ ̄;

触ってみると、柔らかくなってグニグニ動く感じ。
曲がってたのも、すぐ真っ直ぐに直せましたが、
溶けた感じは否めない。

タミヤセメントが飛んだとか垂れたのか?と思いましたが、
タミヤセメントなら水滴状なモノの痕が残っているハズなんですが何も無し。
単に溶けてるって感じ。

ビームライフルの先っちょだけ。
他は異常なし。

なんですかこれ?
塗装はしてないです。スミ入れだけ。


これはもしや、私がスタンド使いとして目覚め始めている前兆!? Σ(@0@;)




エナメル塗料(溶剤)X-20をスポイトで取って、スポイトをしまう時に
残り汁が垂れピンポイントにビームライフルの銃身に当たった説有効(苦笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/14(Thu) -
結構前からなんですが、プラモを作って部分塗装する時
たまにタミヤのエナメル塗料を使う様になりました。

某ガンプラテクニック的本を読んで、
ウェザリングに「ハルレッド」を試しに買ったのがキッカケです。


「小さい」&「安い」故に使い切る前に固まる事なく使い切れる。
小さいので、卓上に置いてても邪魔にならない。

水性ホビーカラーも勿論使いますが、クロゼット内のケースにしまってある為
塗る時、クロゼットまで行って開けて取らないといけない。
でもエナメル塗料は机上に置いてあるので、すぐ使える。

「エナメル」という響きがいい。
隠蔽力が高い。
匂いがなんか癖になる(笑)
(体に悪い?)

持ってる種類は水性ホビーカラーに遠く及びませんが、
ガンプラの塗り分けされてない所を塗ったり、
ウェザリングする程度の色なので充分です。


その本か何かに書いてありましたが、
水性ホビーカラーの上にエナメルを塗ると侵食する?プラが割れる?
あれ逆?アクリルでしたっけ?ABSパーツにはダメ?
よく覚えてないし、ナイト2000がやられた時みたいにいきなりぶっ壊れるワケじゃなし
そんなの完全無視で塗ってます(笑)




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/13(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『裸の銃を持つ男』『裸の銃を持つ男 2 1/2』『裸の銃を持つ男 33 1/3』です。


「コメディ映画の定番」と言われ、
え?私見た事ないぞ…タイトルだけは聞いた事あるけど…。
と、思い借りました。

面白い。
個人的に、他の映画でもありますが
車を停車する時に無意識に何かにぶつかってハチャメチャになるシーンが大好き(笑)
あとピタゴラスイッチ的に、人が落ちてったり、窓から飛んでいったりするシーンとか☆

『33 1/3』のマザーテレサのミュージカル映画のシーン爆笑したけど
これ大丈夫なの?って思いました(笑)


登場人物が3作共一貫してるのも良いですね。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/12(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『オーバー・ザ・トップ [HDニューマスター版]』です。


「シルヴェスター・スタローン扮する力強い父親がアームレスリングを通して
親子の再生を試みるアクションドラマ。妻子を捨て、
トラックの運転手になったリンカーン。妻の病気の知らせを聞き付け、
彼は10年ぶりに妻と息子と再会を果たすが…」

スタローン若ッッ Σ( ̄□ ̄;
1987年制作だから仕方ないですが、若ッ☆

スタンダードな展開ですが熱くて面白いです。
息子が生意気なだけの糞ガキじゃなく、
ちゃんと教育うけてる感じの子だったのも個人的には良かった。


1つ思ったのは、腕相撲ってそんなテクニックとか必要なん?
人生でも子供の頃に数えるくらいしか腕相撲した事がない私にとっては謎の世界。
一瞬だけ力を抜いてカクンってなったスキに一気に倒すくらいしか。



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/11(Mon) -
件の『夏目友人帳 伍』の事で、どうにか『夏目友人帳 陸』も見たいと思い
GE○レンタルで借りようとするも、まだ新作な上、
新作はレンタル開始日に借りられないと当分借りられないので断念。

なので『楽天ショウタイム(今は「楽天TV」に改名したらしい)』で見る事に。
1話は無料で配信してるものの、2話以降は1話216円…全話見ると2160円か…高いな。

GE○レンタルならDVDで全4巻で400円としても1600円で済む…、
しかし最終4巻はまだレンタル開始してないと来た。

…と、思ったら「楽天TV」だと
「全話一気購入」とチケット使ったら1000円くらいで見られる事が判明。


まぁその前に、PCで映画とか映像の類を見るのは、個人的に好きじゃないのです。
どうしても位置的にPCデスクの前に座らないといけない。他に何も出来ない。
逆にTVでDVD等を見ると、自分の机でプラモ作りながら見られるので
とても良いのです☆
なのでPCで映像を見るのは苦肉の策、最終手段。


そんなこんなで『夏目友人帳 陸』を一気見する。
思えばジャンプの長期連載のアニメ以外で
1クールずつとは言え、シーズン6までやるアニメって凄いのではないか?

で、『陸』の感想。
『伍』に比べ塔子さんの出番が少なかったのが残念(笑)

あと笹田さん、台詞がちょいちょいあるのに、伍でも陸でも
メイン回ほとんど無く蚊帳の外なのが可哀想。
もう1回くらいメイン回あっても良いのに…。

そしてシーズン6ラストに来て、レイコさんじゃなく祖父の事に触れる Σ( ̄□ ̄
シーズン7あるのか?
あって欲しいぞ☆






この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/09/10(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『オーシャン・オブ・ファイヤー』です。


「スティール・ボール・ラン」の元ネタ?との噂の映画。

「伝説のカウボーイ、フランク・ホプキンスの実話を基に映画化された、
灼熱の砂漠で繰り広げられる壮絶なレースバトルを描いたアクションアドベンチャー。
千年の歴史を誇るレースに、カウボーイのフランクと野生馬・ヒダルゴが決死の闘いに挑む」

136分とちょっと長めの映画ですが、面白かったです。
「SBR」読んだ事あるなら更に楽しめる事間違いなし?

「SBR」はアメリカ大陸横断のレースでしたが、
この映画はアラビア砂漠を横断するレース。
インディアンの馬達を買い戻す(?)為もあり、優勝賞金10万ドル目指してレースに参加する。
唯一の外人参加者のフランク&ヒダルゴは孤軍奮闘しながら、
妨害工作等に負けずにレースを続ける。

終盤の展開が熱い!!!

「カウボーイ(西部の?)のコーヒーは蹄鉄が立つ程濃い」的なシーンは、
あのジャイロが淹れるコールタールみたいなコーヒーの元ネタなんだろか?





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ