- 2017/12/30(Sat) -
冬コミ当選致しました。


12月31日(日曜日)『東 こ-12b』です。


新刊出しますので宜しければ来てやって下さいまし☆









スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/24(Fri) -
yeah!!昨日の日記の続きですYo☆


予想通り、荷物は届きませんでした。

一昨日、ハブに咬まれたのでマングースを注文したのに
早くしないと毒が体中を回っちゃうYo!

そして0時15分頃Amaz○nから「配達中」というメールが。
んなワケないべ。
そして「お届け日時: 木曜日, 2017/11/23」とも。

いや、もう24日になってるんですが…。

そして凄い事に↓
20171124a.png
「ご不在のため、持ち帰りました」 Σ( ̄□ ̄;

ひどい!これはヒドい!
ヒドいぞ「SBS即配サポート」!

昨日は休みで、1日中家に居て荷物を待っていたというのに!
それも全部時間が「0:00」で処理されてます。

その上、「SBS即配サポート」のサイトの配送状況で伝票番号を検索しても
相変わらず「該当する番号が見つかりません」の表示。

↓Amaz○nの再配達申し込みでは、何故か可能ですが…
20171124b.png
こっちでも「ご不在のため、持ち帰りました」 処理。yeah!
でも一応、再配達と時間指定の受付は表示されてます。

しかしもう1度、Amaz○nで伝票番号を検索すると「保管中」のまま。
「SBS即配サポート」にちゃんと伝わってるのかも謎だぜ☆

えーえー勿論(?)指定した時間内には来ませんでしたよ♪
すごいぜ「SBS即配サポート」☆

なに?「聖剣伝説2」で付いてこない仲間みたいに木にでも引っかかってんの?

1000歩譲って、翌日配達に来ないのはいい。いや、良くない!全然良くない!!
イヤホンもしないで音楽も聞かずに、丸1日ずっと待ってたんですから。
伝票番号くらい登録して、荷物の状況くらい知らせてよ。


そして遂に
「お客様のお届け先を特定することができず、
ご注文商品をお届けすることができない旨の連絡がありました」というメール。

ちょ、待って! Σ( ̄□ ̄;

なんだ神田あって、「SBS即配サポート」に電話するしかないという事に。
→「ツーッ!ツーッ!ツーッ!」何度も話し中。家の電話か!?
→やっと繋がる。
→新住所じゃわからなくて、迷って持ち帰った事が判明
→旧住所を教える
→それでやっとウチを特定できた模様
→車全部出払ってて、もう今日中じゃ無理ぽ、明日にして☆(←いまここ)


こんな感じです。昨日の正解は「新住所が宛先不明的扱いで迷っている」でした☆
さて明日、無事に届くのか?
乞うご期待!

つーか、新表記の住所、配送業者に伝わってないじゃん!役所も伝えてよ!
「お前ん家、住所表記変わるから」ってウチにだけ教えても
こういう事態になるだけじゃん(苦笑)


ps,その後(昨夜)に注文した商品は、ヤマト配送で
翌日(今日)ちゃんと届きましたよ☆流石ヤマトのおじさん♪



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/23(Thu) -
役所の一方的な都合で住所が変更される事になりました。


稀に市町村合併とかで、地名や番地が変わるニュースを聞いたりしていましたが
自分には関係ない事だと思ってたんですけど、まさか自分に起こるとは(苦笑)
市町村合併とかじゃなく、役所のなんかの都合。

なんか番地とか全然、前と関係無い数字になっててすごい面倒臭い。
何が面倒かって、Amaz○nから楽○、ヨド○シ等々…
色々な所に登録してある住所を全て変更しなければいけない事。

もっと面倒なのは、Amaz○n等に登録してある住所を変更しただけじゃダメで
予約した注文、各々1個1個ごとに住所を変更しないといけない事 Σ( ̄□ ̄;

まぁ百歩譲って、住所が変更されるのは仕方ないとして。

役所は、郵便局やヤ○トや佐○等の運送系の会社に。
運送会社はウチの地区担当の配達員の人達に、
その住所が変更された事を伝えているのか?と言う不安。


変更された期日後に、試しに新住所の自分宛てに自分でハガキを出してみました。
無事、翌日届く。
郵便局は、わかっているのか…?

と、思ったら今日 届いた別の役所からの封筒は、鉛筆で「旧住所」が但し書きされていた。

グーグル地図で新住所で検索しても、全然違う所が表示される…。


そして、新住所に変わってから初、Amaz○nで注文。
「翌日 お届け」と言う商品を購入。
新しく登録した住所にお届け。
昨夜の夜0時頃「発送しました」メール。


「お客様の商品はSBS即配サポートでお届けいたします。」


いつもはヤ○トなんですけどね…。
新住所でも、ヤ○トのいつものおじさんなら
結構顔見知りだから変わってても気付いてくれるかも…
と思って注文したんですけど、いきなり新住所で「SBS即配サポート」?
難易度高くね?
以前1回来てくれた事あった様な…。


「お問い合わせ伝票番号は○○○○○○です」
→「SBS即配サポートのサイトで荷物追跡」
「該当する番号が見つかりません。」
→只今、夜10時過ぎ。


届きません\(^o^)/


「翌日お届け」までリミット2時間切ってます☆
未だ荷物追跡でも「該当する番号が見つかりません。」状態。

これは新住所が宛先不明的扱いで迷っているのか?
それとも「SBS即配サポート」が「翌日お届け」クソ食らえ対応なのか?

↓Amaz○nの配送状況もこんな感じのまま☆
20171123.png
どうなる?私の購入商品☆
乞うご期待☆



この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/22(Wed) -
映画のDVD借りて見ました。


『2012』です。


「2012年12月に世界が崩壊すると書かれたマヤ文明の終末説を元に、
世界中で発生した未曾有の天変地異に人類が成す術もなく
呑み込まれていく様を壮大なスケールで描く」

「ノアの方舟」の近未来Ver的な映画です。
158分もあります。

1人の科学者が太陽フレアの影響で地球規模の大地震、大亀裂で
地球が海に飲み込まれる事を察知した事を始まり。
どうにか人類が生き残るべく、国家単位で考えていく。

面白かったです。
金持ちや権力者優先で、
方舟(巨大戦艦?)に乗れるってのが、いかにも人間っぽい(笑)

大津波が予定より早く迫っていて、方舟に乗れるハズのお金持ち達が
締め出されちゃって学者の「まだ時間の許す限りハッチを開けましょう」って提案に
ロシアと中国代表が真っ先に賛成するのに違和感を感じた(笑)
真っ先に大反対しそうな国じゃね?
イメージ的に。


あと、あのクズ父子、共に死ねば良かったのに☆ってのが心残りです。
親父の方は、何か良い事して死んだ感じになってますけど、
プラマイゼロどころか、まだマイナスでしょう。

あとクライマックスの大ピンチは元々主人公達が原因ですよね?
それを自分で解決して、なんか「やった!よくやった」感出してますけど、
そこは触れないで良いお話にしておくのが人情ですか(笑)





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/21(Tue) -
映画のDVD借りて見ました。


『死ぬまでにしたい10のこと』です。


「若干23歳にして余命2ヵ月と宣告されたアンは、
そのことを誰にも話さず生きることを決意する。
彼女は“死ぬまでにしたいこと”リストを作り、死ぬための準備を始める」

見た側が、男性と女性じゃ感想が変わるような気がする映画。
あくまで「気がする」。
偏見かも(苦笑)

余命2ヵ月と宣告されたから残り時間を自由に生きたい、したい事をしたい。
まではわかる。
うむ、わかる。
だからって、すごく良く出来た夫を差し置いて、内緒で不倫三昧はタコがなものか?
いや、イカがなものか?

17歳で子供を作り結婚し、
23歳で既に娘2人がいて毒親を持つ女の考える事はよーわからん。
ってのが感想。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/20(Mon) -
映画のDVD借りて見ました。


『ミリオンダラー・ベイビー』です。


「クリント・イーストウッド監督・主演、
2005年アカデミー賞で作品賞やヒラリー・スワンクの
主演女優賞ほか全4部門を受賞したヒューマンドラマ。
古びれたボクシングジムを経営する老トレーナー・フランキーと、
彼を慕う女ボクサー・マギーの痛切な人生を描く」

タイトルは聞いた事あるなー、でも見た事無かったなー、じゃあ借りてみるか。
…と、見てみましたが。

重たいお話です。
後味も最悪です。

実話を基にしたのならわかるんですが、フィクションならなんでこんなお話にした?
人生そんな上手くいかないって言いたいの?
そんなの映画見なくてもわかっとるわ Σ( ̄□ ̄

合間合間に心情を語ったナレーションが入るので物語は
わかりやすいし終始見入ってしまうのですが
結局、何を伝えたかったのかわからんちん。

なんでこんなのがアカデミー賞を取ったのか謎。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/19(Sun) -
映画のDVD借りて見ました。


『クレイジー・ドライブ』です。


「クライム&コメディスリラー。借金を抱えるドライバー・ストレッチは
億万長者のケイロスから仕事の依頼を受ける。
だが、変わり者の彼はとんでもない要求をしてきて…」

シュールなクライムコメディ。
『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』を見た後だったので
それ以上には楽しめた、感じです。

ギャンブルの借金6000ドルを1日で返さなくてはならなくなったので
リムジンの客からのチップ目当てに奔走する感じです。
「ナイトライダー」のデビッド・ハッセルホフとかがリムジンの客で
本人役で出てたりします(笑)
デビッド・ハッセルホフって本人役多くね?


まぁストーリーはちゃんとしてたかな?かな?って感じです。





この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/18(Sat) -
映画のDVD借りて見ました。


『ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー』です。


「10年前に家族を失い、孤独な生活を送るイーサン。
悪友のアイザックとクリスは彼がクリスマスに寂しい思いをしないようにと、
毎年イヴの日には3人でバカ騒ぎをして過ごしていたが…」

邦題には「ハングオーバー」と付いていますが、
「ハングオーバー」成分を期待するとガッカリします。

コメディなのに合わない、面白くないと
キツイって事を思い知らされる映画です。

コメディ映画と言えば「ドラッグ」ですが(笑)
ドラッグ成分が大部分を占めて、
ドラッグにギャグ要素頼り過ぎだろ!って感じです。

要所要所にドラッグ。
そして笑えないシーン満載。

ラストまで、どういうコメディ作りたかったの?と問いたくなる映画です。
見なくて良いです。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/17(Fri) -
前にも1度遭った事なんですが…。


帰宅して自室でくつろいでいると、突然ウチの家のドアノブをひねり
開けようとするガチャガチャ!ガチャガチャ!という音が Σ( ̄□ ̄;
ビックリ!
普通ドアを開ける時は、まず鍵を差し込み開ける音がするですよ。


いきなりドアノブをひねりガチャガチャするなんておかしいですよ。カテジナさん。

何事かと、そっとドアに近付きドアスコープを覗く。
でもドアスコープって魚眼レンズ(?)風にしか見えないじゃないですか?
そしてウチのドアスコープはなんか汚れてるのか、塗料なのか
ぼかしがかかっててハッキリ見えない。

ドアスコープの右下に茶色い「人」?らしき物がモゾモゾ映っている。

今度は、鍵穴にキーを差し込もうとするガチャガチャ音 Σ( ̄□ ̄;
鍵が入らないと気付いたのかその茶色い物は去っていく。

数秒、間を置いてドアを恐る恐る開けて外を見る。
誰もいない。

しかし、エレベータの扉が開く音が。
エレベータが閉まり、動いたのを確認して、エレベータに駆け寄る。
ドラマ等で犯人がエレベータで逃げた時、どの階で降りたか確認する方法(笑)

1つ上の階で停まり、ドアが開き、人が降りる音。
その音を辿る。
私の家の真上の家のドアを開ける音。


まぁネタバレ(?)すると「1階上のBBAが階を間違えて、
1つ下の我が家に侵入しようとしていた」というお話。

疑問。
マンションなので各階同じドア等の構造とは言え、
ウチにはドアに正月用の飾り等をかけるフックや
もっと言えば、防犯用に自前で鍵を1つ増やして鍵穴が2つ一目瞭然であるんですよ。
1つの鍵穴は色違いで目立つ。

それで気付かないのか?BBA Σ(@0@#)


その上、一番最初の行動が、鍵を使わずいきなりドアを開けようとしたんですよ。
「鍵が開いてる」前提の行動ですよね?
1階上の家は、近所への買い物程度の外出なら鍵開けて出掛けるのでしょうか?
欧米か!?

そして自分の階に戻って自宅に帰ったBBAは鍵開けて入ってった模様。
じゃあ最初のいきなりドアノブガチャガチャ!は なんだったの?


つーか2度目ですよ。これ?
私が居る時に2度ですから、もしかしてもっとやってる可能性も。

反省、改善、疑問という思考をインストールして欲しいぞ、BBA!?

個人単位のド忘れはテヘペロで済みますけど、他人に迷惑かけるボケはキツイです。
いきなりドアノブ ガチャガチャ!ガチャガチャ!はマジ ビビります(苦笑)







この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
- 2017/11/16(Thu) -
映画のDVD借りて見ました。


『インターンシップ』です。


「職を失った中年セールスマンの人生の逆転を描いたコメディ。
中年のビリーとニックの勤める会社が倒産してしまう。
ふたりはIT会社で20代の上司の元、インターンとして人生の再起を賭ける」

面白かったです!!
「IT会社」と紹介文には書いてありますが、Google本社です。
Google全面協力?

大学新卒の若者が集まるインターン達の中に、
ネット大学に申し込んで「大学生」という基準を満たしてGoogleのインターンになった
中年セールスマン2人が奮闘する物語です。

インターンって良く聞きますけど「契約社員」って事?

大学新卒の中でも、あぶれたメンバーでグループを作り
セールスマンの経験と知識を活かしてエリートグループ達と渡り合って行くお話です。

お笑い要素は少ないものの、起承転結していて気持ちのいいお話です。
オススメです☆


でもGoogleってマジであんな天才秀才しか就職出来ないんですかね?
流石超1流企業。




この記事のURL | 日記 | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ